交通事故後に、整形外科・病院と接骨院を上手に通う方法 | 京都平川接骨院/鍼灸治療院グループ

交通事故後の治療リハビリに自信があります
  • 辛い肩こり
  • 繰り返す腰痛
  • ヘルニア
  • 坐骨神経痛
  • スポーツ障害
  • むちうち

京都市南区、伏見区、右京区、西京区、山科区に多数展開!

交通事故後に、整形外科・病院と接骨院を上手に通う方法

整形外科・病院や他の接骨院にかかっていて、こんなお悩みはありませんか?

交通事故の治療は、とにかく「適切な治療を適切なタイミングで極力早期から始めること」が非常に重要です。あなたのそのつらい症状に効果のある治療を施してくれるところに、あなたに必要な頻度で通えるところを選ぶことが必要なのです。

整形外科や病院だけでなく、接骨院でも交通事故の治療を受けられることをご存じでない方はまだまだたくさんいらっしゃいます。京都市の平川接骨院グループは、患者様が一日でも早く、痛みやしびれ、体の不調から解放され、交通事故に遭う前の生活に戻れるお手伝いをしたいと考えています。

接骨院と整形外科の違い

そもそも接骨院と医療機関(整形外科や病院)とではどのような違いがあるのでしょうか。

医療機関(整形外科・病院)

まず前提として、医療機関(整形外科・病院)では医師による正式な診断書をもらうことができるので、交通事故後は必ず診療を受け診断書をもらいましょう。

医療機関では手術を要するような重大なケガや病気に対する治療が中心となります。MRIやレントゲンなどによる精密検査を受けることができるため、骨や組織へのダメージを診断することができるからです。

また、ケガをした後の初期治療が終了しても痛みが続く場合には、痛みどめの薬や湿布を処方してもらうこともできます。外傷や骨折など、大きなケガの初期治療には通院(場合によっては入院)が必須となるでしょう。

接骨院

一方接骨院では、柔道整復師という国家資格を有した治療の専門家が、主に手技による治療を行うのが特徴です。 薬は体質によってその使用が制限されることがありますが、柔道整復師の手技は個人個人に合わせて施すことができるため、幅広い症状の方に受けて頂けます。

交通事故の治療において、接骨院が得意とする領域は、むちうち症(頸椎捻挫)・腰痛(腰部捻挫)・捻挫・打撲・肉離れといった症状です。なぜなら、これらの症状は医療機関でのMRIやレントゲンの精密検査では異常なしと判断され、見つかりにくいものだからです。

筋肉や筋膜内に生じるトリガーポイントという強張りやしこりが痛みを引き起こしているわけですが、当然これらはMRIやレントゲンではうつりません。 本当は交通事故による衝撃などで体が損傷を受けているのに、その本当の原因が見つからないわけです。

そのため、京都市の平川接骨院グループでは、痛みやしびれの原因となる筋肉に着目した治療を行っています。 一人一人異なる筋肉の状態や全体のバランスを見ることで、痛みやしびれの本当の原因となる部分を発見し、それぞれにあった施術を行います。

また、他の接骨院さんと比べての平川接骨院グループの特徴として、

予約制のため待ち時間が短く、土曜日や平日夜も診療をしている
多数の交通事故患者様の治療実績があり、お体の治療はもちろん、メンタル面のケアでも患者様をサポート
複雑な保険の手続きや保険会社の対応までサポート

があげられます。

医療機関(整形外科・病院)と接骨院の上手な通い方

医療機関(整形外科・病院)との併院について

上記の通り、医療機関(病院・整形外科)では検査や手術、投薬などが中心になりますが、接骨院では骨格や筋肉、関節の異常がないかを診察できます。
そのため、MRIやレントゲンなど、医療機関の精密検査で異常なしと判断された症状がある方は、すぐに接骨院で受診されることを推奨します。
段階ごと、症状ごとの併院のしかたについて下記にてまとめております。

段階に応じた併院のしかた
交通事故に遭った直後は、医療機関(病院・整形外科)に行き、診断・検査を受けて診断書をもらう必要があります。その際大事なことは、少しでも痛みやしびれ、違和感のある部分については、万が一のためレントゲンを撮ってもらうよう医師に相談するということです。
患者様自身が痛いところを伝えないと診断を受けられないこともあります。また、交通事故にあってから時間が経って違う部位に痛みが出た場合も、必ず医療機関で診断を受け診断書をもらうようにしましょう。
事故直後でも、重大な外傷や炎症が出ていなければ、接骨院での治療を受けていただくことはできます。特に医療機関(整形外科・病院)で異常なしと判断されたのに痛みがあるという場合には、すぐにでも接骨院の診察を受けられることをお勧めします。
骨折などでギプス固定されていた後、ギプスが取れた際には、リハビリが必須になります。そういったリハビリを受けられる医療機関(整形外科・病院)は少ないので、医療機関(整形外科・病院)での症状の経過観察と並行して、接骨院でのリハビリを受けましょう。
症状に応じた併院のしかた
むちうち症や腰痛(腰部捻挫)は、しっかり完治させないと後遺症になるおそれがあります。京都市の平川接骨院グループでは、MRIやレントゲンでは見つけられない筋肉や関節の異常を発見し、後遺症を残さないための根本治療を行います。
交通事故に遭うまではなかった頭痛やめまいの症状、体の気だるさなども、交通事故の衝撃で神経に微細なダメージを受けたことの影響かもしれません。
医療機関(整形外科・病院)での定期検査による症状の把握をしつつ、接骨院に通い後遺症の残らない体づくりを実現しましょう。
  • 交通事故によるむちうち症(頚椎捻挫)
  • 頭痛・めまい・吐き気
  • 手足の骨折・捻挫・打撲の治療・リハビリ
  • 保険・慰謝料について
転院
交通事故によるケガは病院・整形外科もしくは接骨院や接骨院のどちらかで施術をされるのが一般的です。しかしながら、湿布や薬または電気だけなど、施術内容に満足できなかったり、都合が合いにくかったりすることもありえます。
そういった場合に医療機関(整形外科・病院)や他の接骨院から当グループに移ることは患者様の自由にできますので、京都市の平川接骨院グループにご相談ください。
転院を検討すべきポイント

既に医療機関(整形外科・病院)や他の接骨院にかかられている方で、転院を検討すべきポイントとして

① 現在の治療内容で症状が改善されない
② 適切な頻度で治療に通えていない
③ 痛みなどが残っているのに、症状固定として治療打ち切りを提案されている

などがあげられます。

特に、症状固定として治療が打ち切りになってしまうと、自賠責保険による治療費の補償が受けられなくなる可能性があります。
後遺症として残って仕方ないと、安易に受け入れる前に、一度平川接骨院グループへの転院をご検討下さい。

手続き

医療機関から接骨院へ転院する際の手続きというと、書類を書いて申請したりと大変なイメージがあるかもしれませんが、実は、基本的に保険会社の担当者に転院する先の情報を伝えるだけでいいのです。
不安のある方は平川接骨院グループが手続きをサポートいたしますので、ご安心下さい。

結局、どの院に通えば一番いいの?

決定権は、患者様本人にあります

「最初に診てもらったところに何となく申し訳ない・・・」
「整形外科の先生が接骨院への転院を認めてくれない」
「保険会社の許可がないと移れないんでしょ?」

患者様の中にはこんな風に思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
まず大前提として、「どこでどんな治療を受けるかを決めるのは患者様ご本人の意思」なのです。
整形外科や接骨院など治療のための場所は色々ありますが、どこに通うのだとしても、交通事故によるあなたのその痛みやしびれを治療するために行くのであって、保険会社や医師、治療家のために通うわけではありません。
ですから、保険会社の担当者や最初にかかった医療機関に遠慮する必要はありません。あなたの症状にとってもっとも適切な治療をしてくれる場所を選んでください。
京都市の平川接骨院グループは患者様のお体が早く治ることを一番に考えて施術をしております。今の自分にとってどんな治療が必要なのか分からない方、そもそも交通事故の影響なのか分からないという方でも、ぜひ当グループまで一度ご相談下さい。交通事故専用のフリーダイヤルをご用意してお待ちしております。

jiko_hirakawa

トップページへ戻る

平川接骨グループ院のご案内(受診には予約が必要です。)

  • 京都市南区 – 平川接骨院/針灸治療院
  • 京都市伏見区 – 久我の杜 平川接骨院/針灸治療院
  • 京都市右京区 – 太秦 平川接骨院/針灸治療院
  • 京都市右京区 – 西京極 平川整体院/針灸治療院
  • 京都市西京区 – 上桂 平川接骨院/針灸治療院
  • 京都市山科区 – 山科椥辻 平川接骨院/整体院
  • 京都市向日区 – 西向日 平川接骨院/針灸治療院